臨時会は階段トレーニング

市のホームページや新聞社による報道にもある通り、南足柄市議会議員1名が新型コロナに感染し、4名が濃厚接触者に認定されました。(濃厚接触者4名については、全員陰性と判明。)https://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/gikai/saisinzyouhou/p06222.html

ただし、定足数には達しているため、5月14日、感染症対策を徹底したうえで令和3年第1回臨時会が開かれました。

令和3年度南足柄市議会役職一覧

今臨時会は、市側の提出議案の審議の他に、保田議長の任期2年が満了したことによる議長選を含む役職選挙が行われました。結果は以下の通りです。

議長(任期2年)石川貴久雄 議員
副議長(任期1年)臼井忠欣 議員

議会運営委員会(議会運営や議会改革を担当する委員会)
※委員7名中4名が欠席のため、開催できず。
委員長(任期1年)未定
副委員長(任期1年)未定

総務福祉常任委員会(秘書広報課、企画部、総務防災部、福祉健康部、会計課、選挙管理委員会等に属する事項を扱う常任委員会)
委員長(任期1年)池田真一 議員
副委員長(任期1年)高田三郎 議員

都市教育常任委員会(市民部、環境経済部、都市部、教育委員会及び農業委員会に属する事項を扱う常任委員会)
委員長(任期1年)柏木實 議員
副委員長(任期1年)岸本敦子

当日は、神奈川新聞の記者が朝から夕方まで取材されていました。https://www.kanaloco.jp/news/government/article-503042.html

臨時会は階段トレーニング

上記とおり役職がすべて改選されるまでの過程で、議員および議会事務局職員は、議会棟2Fの本会議場と3Fの全員協議会室の往復を繰り返します。足の悪い人にはつらい1日です。

2年前、新人議員にとっての初めての市議会がこの臨時会だったので、10分〜15分の休憩を何度も挟みながら「儀式」のために階段を上ったり下りたりすることに困惑していました。
そんな、議長選を含む臨時会の大まかな流れは次の通りです。

全員協議会(3F)→本会議で市側から提出された議案の処理(2F)→議会運営委員会で議長選の追加等日程の変更を決定(3F)→本会議場で追加日程を確認し、議長選の方法を決定(2F)→議長選立候補者の所信表明(3F)→議長選と結果発表(2F)→副議長選と結果発表(2F)→議会運営委員会で会派ごとの委員の割当て人数を確認(3F)→本会議場で議会運営員会及び常任委員会のメンバーを選任(2F)→議会運営委員会の正副委員長の互選(開催できず/3F)→各常任委員会の正副委員長の互選(3F)→本会議で足柄上衛生組合議会議員の補欠選挙(2F)→全員協議会で議会選出の監査委員の内定(3F)→議会運営委員会(開催できず/3F)

次回は6月の定例会

次回の市議会は、6月11日に招集される第2回定例会で、一般質問が行われます。
濃厚接触者になった議員はもちろんですが、他の議員も大事をとって、21日までは不要不急の外出を控えるよう言われています。
新型コロナに感染してしまった議員が早く元気になることを祈りつつ、主に自宅で一般質問の準備を進めることにします。