令和2年 第3回定例会がはじまります。

昨年は地域の夏祭りや市内の施設の納涼祭などにお招きいただき、とても賑やかな8月でしたが、このコロナ禍ですべて中止となり、PCと向き合って仕事をする時間が増えました。

新しい生活様式に少しずつ慣れてしまいつつある今日この頃ですが、「慣れる=対策がなおざりになる」ことのないよう、台風シーズンやインフルエンザシーズンの到来に備えなければなりません。

今回の一般質問は、教育分野と移住分野で

6月の定例会から、議場には飛沫防止のための、職員お手製のアクリルパネルが設置され、さらに全員マスク着用で行いました。
前回は初めてのコロナ対応議会ということで、各会派・議員が質問内容や時間を配慮して行っていましたが、9月4日(金)から始まる第3回定例会では、感染症対策を講じつつ、過度な制限はかけずに通常通り実施する予定です。

岸本は、以下の3点について、9月8日(火)の2番目(綱島議員の次)に登壇いたします。

⑴ 新型コロナウイルス感染症拡大防止策としての小・中学校の休校措置に伴う
 学習の遅れに対する取組について
⑵ 情報モラル教育について
⑶ 分散社会への転換に向けた移住政策の進捗状況について

新型コロナ対策の第3弾も

5月の臨時会、6月の定例会と、市独自の新型コロナ対策費にかかる補正予算を審議してきましたが、今回も、国からの地方創生臨時交付金を利用した施策として、主に次のような内容が補正予算に上がってきました。

プレミアム付き商品券発行費用(3,500円で5,000円分の買い物ができる)/水道料基本料金4か月無料/指定避難所のパーティション購入/体育センターを避難所として使うことを見越したトイレの改修費/小中学校の暑さ対策と保健衛生費(トイレ掃除の外注費含む)等です。

また、お陰様でふるさと寄付金も好調のため、返礼品等にかかる事務費も計上されます。

令和2年第3回定例会の予定

なお、第3回定例会では、2つの常任委員会の他に決算特別委員会が設置され、昨年度の決算の審議をするため、会期は丸々1か月間。以下の通りです。(※一般質問の登壇順は略称を省略)