「岸本あつこ談話室」を開設します

令和元年第4回議会も、残すは本会議の最終日のみとなりました。
今月初めの一般質問を終え(←これについては本会議がすべて終わった後に、詳しくご報告いたします)、今週は私が所属する都市教育常任委員会と、議長を除く全議員が参加する第五次総合計画特別委員会が行われました。

都市教育常任委員会と第五次総合計画特別委員会とは?

都市教育常任委員会では、本会議の初日で付託された議案や陳情について詳しく話し合い、委員会としての意思(議案については可決か否決か、陳情については了承か不了承か)を決定します。これを最終日に本会議に戻し、都市教育以外(総務福祉常任委員会)の議員を加え、議会全体で賛否を問うことになります。

第五次総合計画特別委員会では、来年から実施される「第五次総合計画後期基本計画」について詳しく話し合い、委員会としての意思(可決か否決か)を決定します。
「総合計画」とは、これからの市のあり方を示す、まちづくりの幹のようなもので、「基本計画」は枝のところに当たります。「前期基本計画」が令和元年度までだったので、次年度から「後期基本計画」に入ります。
委員会では、すでにパブリックコメントを受けて修正された「後期基本計画」を最終チェックするのです。
ちなみに、その審議を1日で終わらせるため、朝の9時にスタートした委員会が19時半までかかってしまいました。南足柄市議会で17時を過ぎるのは、どうやら珍しいそうです。

岸本あつこ談話室のお知らせ

さて、本会議の会期中ではありますが、下記の通り「岸本あつこ談話室」を設置します。
5月から今までの活動報告と、これからの市政――今回は特に公共施設再編を中心にみなさんのご意見を伺う機会とさせていただきます。

今回は会場が広くないため、「岸本あつこ市議会レポート」を介して、サポーターズを中心に告知いたしましたが、あまり身内だけでもつまらないので、直前ながらこちらでもお知らせいたします。

みなさんのご参加をお待ち申し上げております!

日時:12月15日(日)10時30分~12時00分
場所:壗下公民館2F 梅の間