政治分野における男女共同参画を目指せ!#WE do!プロジェクト始動。

地域新聞&タウン誌に載せていただきました!

先週、南足柄市役所の記者室において、タウンニュースさん、神静民報さん、ポストさんに、さらに小田原記者クラブにおいて朝日新聞さん、東京新聞さん、神奈川新聞さんに取材していただき、早速、神静民報さんが1月11日に、タウンニュースさんが12日に記事にしてくださいました!

(上の記事は2019.1.11神静民報)

https://www.townnews.co.jp/0608/2019/01/12/465196.html(2019.1.12 タウンニュース足柄版webページ)

政治分野における男女平等の現状

昨年12月に発表された男女平等ランキングにおいて、日本は世界149か国中110位。とりわけ政治分野では125位です。これは国会における女性議員の割合で算出されていますが、「民主主義の学校」と言われる地方自治でさえ、市区議会では14.8%、 都道府県議と 村町議会では9.8%となっています。(2018年3月内閣府「政治分野における男女共同参画の推進に向けた地方議会議員に関する調査研究報告書」より)

現在、南足柄市議会の定数は16名。うち女性議員はたった1名です。割合に直せば6%。全国平均の2分の1以下であり、かつ神奈川県の市町村の中ではワースト2です。6年間男女共同参画社会推進委員を務めてきましたが、これはとても耳の痛い話でした。

#WE do!プロジェクト始動

……が、憂えているばかりでは何も始まらない!ということで、この現状を打開し、女性の政治参画を盛んにするために、立場は違えど、南足柄を愛する同志3人が立ち上がりました!!

プロジェクト名は、「#WE do!プロジェクト」。Wemen and younger generation, Evolutionの頭文字と、やりますよ!という強い意志を込めて命名されました。
「リアル・子育て世代」のつなしまあさみさん、「リアル・市民力」のかどの圭子さんとともに、「リアル・働く女性」代表として、岸本あつこはここ南足柄に新しい風を勢いよく吹かせていきます!